新規会員登録

     
   Paidバナー   
  
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
休業日
2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業日

  • 出品者さま募集中 詳しくはこちら
 

トップ > 商品から探す > グルメ > お肉 > 〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成
地域から探す > 関西 > 滋賀 > 〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成
ブランド > 肉のあさの > 〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成

〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成 〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成 〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成
〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成 〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成 〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成
拡大画像

〈滋賀/近江牛肉 総本家 肉のあさの〉Jamon de BIWAKO(黒豚生ハム)24ケ月以上熟成

商品コード : 1246009
価格 : 712円(税込)
ポイント : 3
数量
 

かごに入れる すぐに購入        
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ


商品詳細


≪クール便≫
塩だけで長期熟成。深い旨味感じる無添加の生ハム
国産黒豚のもも肉を、塩だけで24カ月熟成させた、長期熟成生ハム(Jクラフト生ハム認定品)。しっかりとした熟成の旨味を感じる濃厚贅沢な一品。 ヨーロッパと同じ伝統的な製造方法を滋賀の風土の中で行いました。 『Jamon』はハモンと読み、商品名を直訳すると『琵琶湖の生ハム』。 よく見ると生ハムの形にも見える琵琶湖。滋賀の新しい特産品です。食べやすくスライスしたものをパックしました。

(商品の内容)
この商品はクール便(冷蔵)でお送りします。
・黒豚生ハム 24か月以上 熟成スライス(30g)

●「肉のあさの」について
「近江牛肉 総本家 肉のあさの」は明治30年、近江八幡の地にて近江牛専門問屋「淺野畜産」として創業いたしました。
以来約百二十年に渡り、血統にこだわり選び抜いた近江牛の卸・小売をひとすじに。
お客様の食卓に笑顔を咲かせたい。
その想いを胸に、今日も職人たちが手ずからお肉をお届けしております。

「肉のあさの」と「近江牛」
肉のあさのと近江牛との関わりは明治三十年、創業者浅野弥五郎が滋賀県蒲生郡桐原村(現在の近江八幡市内)で農耕牛を扱う家畜商として独立創業した頃に始まります。
当時からこの地では琵琶湖がはぐくむ肥沃な大地で稲作が盛んで、牛が農耕に欠かせない貴重な労働力であり、農家の玄関に入った場所には必ずと言っていいほど牛の部屋があり、家族と同様、大切に飼われていました。
家畜商のなりわいは、農耕に使えるよう調教した牛を農家に供給し、牛の体調管理や飼育指導などをすることが主な仕事でした。
牛は3歳から4歳位になると体重も増え、ぬかるむ水田の土に脚を取られ農耕に適さなくなってきますので、退役させ肉牛として肥育され、入れ替えに若い牛を農家に提供します。

退役し肥育された牛は食肉として販売されることになりますが、当時でも牛肉はたいへん高価で、滋賀の田舎ではお盆と正月、田植え、稲刈り時期など節目の時にしか庶民の口には入りません。
一方首都東京では文明開化のもと、すき焼き文化が花開き、各地から牛が集まりましたが、滋賀から送られた牛の品質の良さは他を圧倒し、「上牛、江州牛」などと呼ばれ東京都民や訪日外国人に喜ばれました。

敗戦後、経済復興とともに国民の食生活も改善され、牛肉の需要が大いに伸び、滋賀から東京に送られる牛も益々増加します。
同時に牛の肥育環境も大きく変わり、農業の機械化により農耕目的の飼育から食肉生産のための多頭肥育へと農家の業態も変わります。
弊社の仕事も農耕牛の供給から食肉卸し業に移行。東京出荷と地元食肉店への近江牛供給に力をそそぎます。

昭和26年に滋賀の集荷業者と東京の仲買業者で「近江肉牛協会」を組織。
弊社2代目浅野武雄も結成に尽力しました。
滋賀県知事を初代会長に迎え、日本で最初のブランド牛「近江牛」の宣伝、普及を推し進めることになります。
このような時を経て「近江牛肉 総本家 肉のあさの」は現在まで近江牛一筋に携わってきました。
代々受け継がれてきた、牛を見る「目利き」、肉を見極める「目利き」を何より大切にして近江牛をお客様にお渡ししています。

 

ご利用案内 SHOPPING GUIDE

このオンラインストアは、西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社により運営されております。
CopyRight (c) West Nippon Expressway Service Holdings Company Limited all rights reserved.
1周年(新規会員)